暮らしが広がる庭間

​庭は、生活を楽しむ空間です。だからこそ庭には、お茶を飲んだり、食事を楽しめるスペースが必要です。そのような空間を「庭間 」と呼びます。利用しやすく、庭の一部として美しくデザインしなければなりません。

また、建物と隣接した場所に設ける場合は、家と庭をつなぎ、視覚的にも連続するように計画することが大切です。

〈設計・作図・文〉STUDIO VODA 井上裕美子

パターンその1

斜め方向の形状にすることで、強い朝日や西日を遮る高木を植えるスペースが確保できデッキ周りを緑豊かにしています。リビングから段差がなくデッキに出られ、庭の緑へとつながっています。

デッキの生活が、通りから見えにくいように生垣とウッドフェンスを設けました。また、玄関ポーチからの目隠しとしてウッドポールを並べています。ともに狭く感じないように隙間を開けた仕様です。

デッキからの景色を楽しめるように、明るく開けた石積みの花壇を設けています。手前を暗く、奥に明るいスペースをつくることは、奥行きを感じさせるデザイン上の工夫です。

解説

POINT

◎室内の延長にデッキがあり、それにつづいて庭の緑がつながって見えるようにします。(デッキが独立した存在にならないように)
◎夏の日中、デッキに木陰をつくる落葉樹を植えることで、照り返しによる暑さをやわらげ、室内外ともに過ごしやすい環境をつくります。
◎デッキ周りの樹木は、生活空間と重ならないように、樹木の幹や枝葉が高い位置で広がるような樹形の木が適しています。
◎室内やデッキの生活が、通りからのぞかれないように生垣や塀を設けます。塀の外にも樹木を植えることで、目隠しの効果が高まり、緑のつながりで奥行き感のある景観をつくることが出来ます。
◎デッキからの眺めを楽しむために、水鉢や花壇などのアイポイントを設けることも大切です。

パターンその2

4m×10m の庭に、テーブルを置いて食事ができる、3m×3m のテラスを設けたプランです。

奥行きがないスペースなので、リビング前には室内から緑を楽しむ眺めをつくり、ダイニング前に、戸外室となるテラスを計画しています。

土とほぼ同じ高さのテラスは、塀・花壇・パーゴラで囲われ、くつろげる空間になっています。また、夏の暑さ対策として、パーゴラには植物を絡ませ、木陰が出来るようにしました。

テーブルにつくと、樹木の幹越しに、明るく開けた、水場のある眺めを楽しむことが出来ます。リビング前に植えた植栽群落は、家と庭をつなぐ効果があります。窓辺の樹木は、庭を身近に感じさせてくれるからです。

庭への出入り口部分に木陰をつくり、室内から庭へ住人を誘います。また、夏の日中、室内の温度上昇を緩和し、隣家からの目隠しにも役立ちます。

テラス周りに高さ45㎝の花壇をつくり、目線の近くで季節の草花を愛でながら食事を楽しめるようにしました。高さを上げた花壇は植物の成長にも適しています。

植物の手入れが苦手な方には、手間のかからない種類の低木や宿根草を選んだり、葉の色や形の組み合わせを楽しむリーフガーデンにして、落ち着いた印象で、心休まる空間を演出しても良いでしょう。

料理に利用できるハーブを混ぜて植えるのもお勧めです。

パーゴラに絡む植物が、家と庭を視覚的につなげています。室内においても、パーゴラからの木漏れ日が入り、緑豊かな景観を眺めながら心地よく過ごせます。

解説

POINT

◎まず大事なことは、テラスにどのような性格付けをするかを決めることです。 そして、家と庭がつながって見えるように、位置・大きさ ・形・素材を決めていきます。
◎庭に奥行きがない場合、室内からの眺めがテーブルや椅子で独占しないように、テラスを横や下 ( 沈床 ) にずらして設置します。
◎室内から庭への出入り口付近 ( 窓脇 ) に植栽群落 ( 寄せ植え ) をつくることで、庭と室内をつなげる効果があります。
◎舗装材など素材選びは、家のインテリアのテイストに合わせます。 家と庭が視覚的に連続して見えていきます。
◎夏の暑さ対策が重要です。夏の日中、室内から庭への出入り口やテラスに、木陰をつくる落葉樹を植えたり、パーゴラを設置します。
◎木陰をつくる落葉樹に、葉が太陽の光を透すものを選ぶと、明るい木陰がつくれます。( ソロ・エゴノキ・コナラ・モミジ類など )
◎嵩上げした花壇は、椅子に腰かけたときに目線の近くで草花を楽しめ出来ます。また、排水性が良く植物の成長にも適しています。

 福岡で注文住宅を建てられる工務店をお探しでしたら清武建設にお任せください。
 建築士が営業コストをカットし、低価格で高品質なホームプランを実現できます!

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。

前の記事

狭小地で緑を楽しむ