狭小地で緑を楽しむ

道路と建物の距離が近い狭小地では、建物による圧迫感が出がち。また、面積の大部分を占める駐車スペースが無機質なデザインのために殺風景な印象になっているものを見かけることがあります。

狭小地ならではの工夫を加えて、生活の場として潤いや楽しみのある空間に出来ればと思います

〈設計・作図・文〉STUDIO VODA 井上裕美子

パターンその1

道路と並行して駐車スペースが必要なこのケースでは、境界塀に門袖の機能を兼ねさせることで、エントランスアプローチを敷地境界に寄せ、植栽のスペースを確保しました。

高木の寄せ植えにより建物の圧迫感が和らぎ、低木や草花が加わることで、小さなスペースでも楽しみのある植栽が可能に。

緑化舗装材を駐車スペースに使用することで、駐車スペースも庭の一部に取り込み、さらに、夏の強い日差しによる不快な反射熱を軽減させる効果があります。

解説

●樹木の枝葉が建物に接触しないよう、樹木の向きや傾きをみて、不要な幹や枝を剪定します。
●車のタイヤが侵入するような場所では、落ちた実で床面が汚れやすいので、実のなる高木は避けましょう。

●ポーチや建物基礎を隠すように盛り土して植栽することで、自然な雰囲気をつくり、小さなスペースでも植栽のボリューム感を出すことが可能に。
●土留めに、地被植物や景石を利用すると自然な感じに仕上がります。

エントランスアプローチを敷地境界に寄せて、建物中央部に植栽スペースを設けることで樹木が建物の圧迫感を和らげて、緑豊かな心地よい雰囲気をつくります。

パターンその2

道路と玄関ドアまでの距離が近いこのケースでは、ポーチ下の空間を一部利用して、高木の植栽スペースを確保することで緑豊かなアプローチ空間を演出しています。玄関ドア前の植栽群は、ドアを開けた時に通行人と視線を合いづらくし、室内をのぞかれにくくする効果があります。

解説

●建物の窓の位置に合わせて、建物際に高木を植えることで、建物の圧迫感を軽減させるとともに道路から室内への視線が気になるのを軽減。
●樹木の枝葉が建物に接触しないよう、樹木の向きや傾きをみて、不要な幹や枝を剪定しましょう。

●道路と玄関ドアの距離が近い場合でも、ポーチの基礎を奥まらせることで高木植栽が可能です。道路からの視線の位置に枝葉がある枝ぶりのものを選べば、玄関内への視線をカット出来ますが、枝葉が多すぎるとポーチ部分が暗くなるので適切な樹形を選び、剪定で調節します。
●狭小地での植栽は、高木であれば人の行動の邪魔にならないように、高い位置で繊細な枝葉を持つ成長の緩やかな樹木が適します。花の咲くものであれば、赤や大きな花よりも小さく白や青系の花を選んだ方が広く感じられます。

玄関ポーチを境界塀まで延ばすことで、ポーチに広がりがでます。
寄せ植えの鉢など、アプローチの先のアイポイントとなるようなものを置けば魅力的な空間に。

パターンその3

間口が狭く、駐車スペースがビルトインタイプの住宅に3か所に分けて植栽群をつくることで、緑の中に建物があるようにしたプランです。

奥行き感を出すために、樹木による見え隠れの効果や斜め方向へのアプローチ導線、舗装のデザインなどの工夫を散りばめています。

解説

●高木の寄せ植えは、一か所でも心地よい空間をつくることが出来ますが、植栽群を複数つくることで魅力が増します。(狭い敷地ではお互いの樹木の枝がぶつかってうっとおしくならないように向きを決める)
●狭小スペースでは、下枝の少ない樹形の木を選び、通行の邪魔にならないように注意しましょう。落葉樹の奥に下枝のある常緑樹を植えると、目線の高さの緑を補い、冬場も緑を楽しむことが出来ます。

デザインに斜めのラインを取り入れることで、空間を広く見せる効果があります。舗装の敷き方を縦長にしたり、駐車スペースまで延ばすことでも奥行き感が出ます。

エントランスアプローチは、折れやカーブで奥行き感を演出。さらに、樹木によって玄関部分を見え隠れさせることでより魅力的な空間をつくることが出来ます。

 福岡で注文住宅を建てられる工務店をお探しでしたら清武建設にお任せください。
 建築士が営業コストをカットし、低価格で高品質なホームプランを実現できます!

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。

前の記事

耐震+制震V-RECS[SG]

次の記事

暮らしが広がる庭間