福岡市東区工務店・家づくりの本当のお話・瓦屋根の利点

将来における屋根塗装工事が永久的に必要のない瓦屋根の方が、メンテナンスで発生する費用まで考えると、断然お得です。かつ地震の揺れに対応する耐力壁を増やし、瓦が台風で飛ばないように、瓦一枚一枚、釘打しています。その工事過程を掲載しています。

下記にてご案内しています。ご興味がございましたらご覧ください。

福岡市東区K様邸 注文住宅 建て替え工事・家づくりブログ

 

 

昔からある『和瓦』は、軒瓦(屋根の一番手前の軒先近くにある瓦で横(水平)に一列程度のみを釘止めしましたが、弊社で採用し、当物件でも取付する『防災陶器瓦』は、下記写真の横断する木材(桟木)に引っ掛けるように並べ、全ての瓦を一枚一枚、釘止めする仕様になっています。

『瓦』という素材は、陶器であり、永久的に塗装する必要がありません。当然、建物の上が重いと揺れやすくなりますが、荷重の重い瓦屋根の場合と、軽い金属屋根、軽いスレート屋根、等々と比較すると、建築基準法上における『耐力壁計算』の内容に大きな違いがあります。

重い屋根(瓦)の場合は、その荷重に対応した『耐力壁計算』になり、揺れにくくするために『耐力壁量』が増えます。従って構造的に強固になります。

 

 



福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。