なぜ今、木造住宅がなのか

 鉄筋コンクリート製法が流行りだした頃、業者は木造がいかにダメなのかを吹聴して、シェアを獲得していましたが、実際のところは全く逆です。2000年の時の中で培われてきた日本の伝統技術は、正に(自然)災害多き日本の実情に適した建築方法なのです。

 昔からの怖いものとして「地震カミナリ火事オヤジ」が挙げられますが、人的要因は排除して項目ごとに説明いたします。

以上をご理解いただいた上で、木造建築に使用される素材を見ていきましょう。

「準防火構造」「防火構造」「準耐火構造45分」「準耐火構造60分」の国土交通省認定を受けています。↓↓↓

 ↑↑↑個別ページへ↑↑↑

飛び火試験に合格し、国土交通省認定を取得!建築基準法63条・施行令第136条-2-2の規定に適合! ↓↓↓

 ↑↑↑個別ページへ↑↑↑

木を用いた住まいは見た目にも優しく心地よい空間をもたらし、身近で自然と触れることができます。↓↓↓

 ↑↑↑個別ページへ↑↑↑