国家認定の木造建築素材

日本初!木製外壁準耐火構造認定を取得した防火木材外壁材

   それの名はウイルウォール(WILL WALL)、100%天然木のサイディング・パネリングです。日本初・そして唯一、裏当てなし・木材単体仕様の外壁です。「準防火構造」「防火構造」「準耐火構造45分」「準耐火構造60分」の国土交通省認定を受けています。自然素材による外観が消えつつある日本の街並み-それを何とか変えていきたい!そんな思いからこの商品を開発されました。

外壁の安全性とは
万一の火災でも燃え広がらない、燃え移さない。

   火災の原因の3割~4割は放火といわれています。また、隣家で火災が起きたときに”もらい火”をすることもあるでしょう。一方、外壁の防火・準耐火構造は遮熱性、遮炎性、つまり熱と火の内部への侵入は規定されていますが外壁に火がつくことや燃え広がることについての規定はありません。もし、外壁全面が延焼して炎に包まれるとしたら・・・。
   もし、隣家に火を移してしまったら・・・。果たして「安全」といえるのでしょうか。「ウイルウォール」「ウイルルーフ」のテクノロジーは、木という可燃物でありながら遮熱・遮炎性はもとより、燃え広がりをも防ぐ二重の安全性を実現しています。

100%天然木を採用。
本物の外観が実現できます。

   建物の外観は、社会・地域の財産 まさしく景観の一部です。木目調、タイル柄など○○風、××調という雰囲気を似せただけのイミテーションではなく、樹齢何十年、何百年を経た天然木だからこそ可能な本物の風格。そして年を経るごとに増していく本物の味わい=経年美。一生の財産だからこそ、本物の外観を実現してください。

「長く住み継いでいきたい」
美しく味わいのある経年変化

   100年住宅、200年住宅、まさに今「長寿命」が注目されています。では「長寿命」とはなんでしょう?長く持っていること、長く住んでいたいこと、その両方でしょう。
   物理的長寿命 それはきちんと維持が可能なこと、いわば部分的・全体的なメンテナンスが可能ということです。心理的長寿命 それは長く住むほどに「愛着がわく」「住み継いでいきたくなる」ということです。
   特別なデザイン、特別な施工方法が100年、200年維持可能でしょうか。古くなることが単なる劣化であったら住んでいたいと思うでしょうか。天然木の外観だからこそ、このふたつの条件を満たせるのです。

商品特性事項・ウイルウォールでの各取得認定事項

   ウイルウォールは「準防火構造」「防火構造」「準耐火構造45分」「準耐火構造60分」の国土交通省認定を受けています。天然木に防火機能を加えた認定商品「ウイルウォール」薬剤処理をしていない米杉サイディングが「ナチュレウォール」です。どちらも厳選された天然木をベースとしています。防火規制延焼ラインの有無によって使い分けが可能です。
   ※ウイルウォールの「ハイパー防火構造認定」「ハイパー準防火構造認定」は、チャネルオリジナルの呼称です。

各種認定 ※この他20数種の国土交通省認定を取得済み

準防火構造認定番号

軸組:QP020BE-9122
枠組:QP020BE-9123

防火構造認定番号

軸組:PC030BE-0059
枠組:PC030BE-0066

準耐火構造45分認定番号

軸組:QF045BE-0107
枠組:QF045BE-0179

準耐火構造60分認定番号

軸組:QF060BE-0178

外断熱防火構造認定番号

軸組:PC030BE-0450
株式会社アキレス取得

真壁・防火構造認定番号

PC030BE-0528

ウイルウォールの仕様「自然素材住宅のための防火構造・準防火構造」

グラスウール・ロックウール不要、天然素材の断熱材(羊毛など)が使用可能な防火構造
部屋内の石膏ボードが不要、インテリアの仕上げに木がそのまま使える防火構造

 外壁の仕様は外壁・躯体材・断熱材・防水シート・部屋内側のボードで構成されています。外壁構造の認定はこの全てが一対となって認められていますので、これ以外の仕様(基準法に告示・例示されていない仕様含む)は原則使えません。よって「断熱材を自然素材をベースにしたものを使いたい」「部屋内に石膏ボードを使いたくない」などのアイデアについて(木製でなくても)外壁材そのものが対応できていないことも多くありました。

 今回の「ハイパー防火構造認定」はウイルT&Gパネル・T&Gパネルクリア・T&Gクリアスクウェアを用いて、そうした課題の解決を可能にしたのです。ウイルウォールそのものの防火性能だからこそ実現した「自然素材住宅のための防火構造・準防火構造」です。

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。