エイジングの美しさを表す天然木の屋根

防火地域・準防火地域でも使用可能な木の屋根材

 その名はウイルルーフで、100%天然木の屋根材です。飛び火試験に合格し、国土交通省認定を取得し建築基準法63条・施行令第136条-2-2の規定に適合しています。これにより防火地域・準防火地域においても「木の屋根材」を使うことが可能です。

 また、エクステリア用に広く使われているウエスタンレッドシダーを基材としているため、優れた防腐性能・耐久性能も発揮されます。エイジングの美しさを屋根で表す天然木の屋根 自然素材住宅・環境住宅にまたひとつ、新しい可能性が誕生です。

屋根材「ウイルルーフ」の安全性について

 ウイルは様々な用途・箇所で「安全」な自然素材の外観を実現します。防火地域・準防火地域でも「木の屋根」が可能に!飛び火試験による国土交通省認定を取得。ウイルルーフは「飛び火」試験に合格し、建築基準法63条・施行令第136条-2-2の規定に適合しています。これにより防火地域・準防火地域においても「木の屋根材」を使うことが可能です。

<認定番号 DR-0434>
建築基準法第63条並びに同法施工令第136条の2の2第一号及び第二号( 防火地域又は準防火地域内の建築物の屋根 )の規定に適合

 第136条の2の2 法第63条の政令で定める技術的基準は、次の各号(不燃性の物品を保管する倉庫その他これに類するものとして国土交通大臣が定める用途に供する建築物又は建築物の部分でその屋根以外の主要構造部が準不燃材料で造られたものの屋根にあつては、第1号)に掲げるものとする。
 屋根が、市街地における通常の火災による火の粉により、防火上有害な発炎をしないものであること。なおかつ屋内に達する防火上有害な溶融、亀裂その他の損傷を生じないものであること。

表1、屋根上に規定の火種を設置した場合も、燃え広がり、燃えぬけは起きていません。
表2、火種そのものが全て10分以内に鎮火しています。これがウイルルーフの防火性能なのです。

木の断熱効果により快適さと省エネルギーを実現

 木の断熱性能は、冬の寒さ・夏の暑さを建物内部に伝えにくい性能があります。屋根材そのものが断熱層となり、省エネルギーの効果が発揮されるのです。木の断熱性能は「鉄の413倍」「アルミの200倍」「コンクリートの8倍」あるといわれています。その優れた断熱効果により快適さと省エネルギーを実現しています。

ウイルルーフの仕様・図面

通常の野地合板に通気層を設けて施工するだけです。不燃板の下地などは不要です。屋根材の施工にあたっては、弊社指定の施工会社ネットワークにお任せください。

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。