耐震+制震V-RECS[SG]

V-RECS〈SG〉とは

機能性・作業性・経済性に優れた軽量コンパクトな制震装置。

地震国日本で本当に安心・安全な生活を実現するには、何よりも地震に強い家づくりが基本です。BXカネシンは建築金物のスペシャリストとして、一貫して信頼と安心の構造体・工法開発に努めてきました。V-RECS〈SG〉は、軽量かつコンパクトにしたことで、優れた機能性と作業性を両立させ、さらに低価格も実現しました。耐震構造に制震性能をプラスした、安心の家づくりを力強く支えます。

[BXカネシン] V-RECS(SG)とは

〈耐震+制震〉の相乗効果

 東日本大震災の教訓のもと、政府は想定されるM9.1の南海トラフ巨大地震に備え、建物の徹底した耐震対策を呼びかけています。こうした中、倒壊被害の回避をめざす従来の住宅耐震基準だけでなく、地震エネルギーを制御する制震技術が注目されています。

 地震による実際の住宅被害は、倒壊しなくても揺れにより接合部が損傷したり、繰り返す余震で被害が拡大して住めなくなることもあるからです。BXカネシンのV-RECS〈SG〉は、耐震力と制震力の相乗効果で、本震の揺れだけでなく繰り返し襲ってくる余震の揺れにも対応し、大切な家族、資産、暮らしを守ります。

耐震

筋かい等の耐力壁を配置し、建物を強くすることで地震に耐える構造。

  1. 建物が地震エネルギーをそのまま受け止めるため、揺れは大きくなりやすい。

  2. 建物の倒壊を防ぐが、壁などに損傷を受ける可能性がある。

耐震+制震

耐震構造に制震装置をプラスすることで地震の揺れを吸収・抑制する構造。

  1. 制震装置が地震エネルギーを吸収するため、耐震構造のみと比べて揺れは小さい。

  2. 建物の倒壊を防ぐだけでなく、壁などの損傷も抑えることができる。

  3. 建物の復元力が高いため繰り返す余震に効果的。

現場にうれしい5つの進化。

1. 作業時間が30%短縮 (当社比)

V-RECS〈SG〉の軽量・コンパクト化及び取付け部品数の減少、横桟の設置不要などにより、作業時間は大幅に短縮されました。また、特殊な加工もなく、取付け説明書を見るだけで簡単に設置できます。

2. 製品価格の大幅ダウン (当社比)

V-RECS〈SG〉は、小型化・軽量化したことで制震性能を維持しながら製品価格の大幅ダウンを実現しました。製品価格の大幅ダウンと共に作業時間の短縮が作業経費の削減にもつながる新開発V-RECS〈SG〉は、使いやすくなり安心住まいの標準仕様に組み込みやすくなりました。

3. 手間要らずで、メンテナンスフリー

V-RECS〈SG〉ダンパーに使用される高減衰ゴムは、促進劣化試験により60年経ってもほとんど性能が変わらないことを確認。そのためメンテナンスが不要で、温度による性能変化も少ないため、幅広い地域でご使用いただけます。

4. 新築だけでなく、リフォームにも対応

V-RECS〈SG〉は、ダンパーの幅を80mmにしたことで既存住宅にも設置しやすくなりました。耐震リフォームの時に制震装置を設置すれば、より地震に強い住まいが実現できます。 ※リフォーム時は、木材のサイズにより耐力壁と併用できない場合があります。

5. 耐力壁併用で設計力アップ

従来品は内周部に雑壁がないと設置ができず、耐力壁の位置を変更しなければならない場合がありましたが、
V-RECS〈SG〉はアームの厚さを40mmに薄くし、筋かい耐力壁の内部に設置できるようにしました。
そのため建物の設計変更の手間をかけずに制震装置の設置が可能になりました。

特長

設置可能な耐力壁

● 90・150×30mmの片筋かい  壁倍率1.5倍
● 90・105×45mmの片筋かい  壁倍率2倍
● 90・105×30mmの両筋かい  壁倍率3倍
※柱、土台、横架材の寸法は120mm以上を推奨します。

 福岡で注文住宅を建てられる工務店をお探しでしたら清武建設にお任せください。
 建築士が営業コストをカットし、低価格で高品質なホームプランを実現できます!

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。

前の記事

天然石シートHANDY_STONE

次の記事

狭小地で緑を楽しむ