門周り・塀・フェンスのエクステリア

デザイナーズパーツ

オリジナリティや上質感、さりげないセンスの光るエクステリアを構築したい。「デザイナーズパーツ」は、こうしたプランナーの感性に応える、エクステリアの自由表現ツール。

特長

目隠しをつくる

デザイナーズパーツなら、住まいと調和したデザイン、場面に適したサイズの目隠しを自由自在につくることができます。

仕切りをつくる

デザイナーズパーツは、隣地・道路との境界や、アプローチの動線づくりを兼ねた仕切りにもなります。

面をつくる

エクステリアや住宅の印象を一変させる“面”の存在感。 デザイナーズパーツでは美しい“面”を作り出すことができます。

施工イメージ

門扉の効果と設置のポイント

新築時に外構を一緒にと考えている方、外構リフォームを検討されている方にぜひ知っていただきたい、門扉の効果と、玄関まわりのスペースを生かした具体的な設置のポイントについてご紹介します。

玄関先のスペースをコンパクトに囲う

どんなに狭い敷地であっても玄関ドアの前にはポーチと呼ばれるタイル張りなどの床があるはずです。このスペースを囲って空間を作ることで生まれる安心感は意外と大きいものがあります。高級マンションでも採用されている玄関ドアを共用廊下から後退させ、その前にスペースを確保するアルコーブと同じ考え方です。

通常、長方形の玄関ポーチは最低でも1面は建物の外壁と接しています。場合によっては2面、3面が外壁に囲まれているケースもあります。残った面のみ塞げば良いので比較的ローコストで設置できるのも大きな魅力と言えるでしょう。

悪いレイアウト例

正面入りの例

良いレイアウト例

側面入りの例

 プランニングのポイントとしては、一般的に玄関ドアが外開きで門扉が内開きとなるので、扉同士がぶつからないようにしておけば安心です。また、人が通るライン(人の動線)を考えて門から玄関までスムーズに通れるよう扉の開く向きも考慮しておきましょう。

 また、玄関の横にスペースがあれば動線を正面からではなく、側面に移すことで玄関の正面に植栽スペースが確保でき、より落ち着いた玄関まわりを演出することが可能です。

 いずれのプランもすでに出来上がってしまっている玄関ポーチに後から設置することもできる後付け施工が可能なので、リフォームを検討されている方にもおすすめです。

正面入りの例

扉同士がぶつからないようにしておけば安心

側面入りの例

玄関の正面に植栽スペースが確保できる側面入り

お子様やペットの飛び出しの防止にもおすすめ。新築はもちろん、リフォームにも対応可能な「アーキキャストポーチ取付仕様」

敷地条件に合わせた仕切り方

 玄関先にもう少しスペースが確保できる場合はその囲い方のバリエーションも増えていきます。最近ではデザイン性の高い引戸も登場していて、家とのコーディネイトや、外観上のアクセントにすることも可能になってきました。
 機能面でも扉を押さえるローラーが見えないようになっていたり、床のレールが不要で車イスでもスムーズに出入りできたり、デザイン性や使い勝手の良いものが人気です。

玄関先に段差のあるアプローチ

 プランニングのポイントとしては、扉の横に引き込むためのスペースを確保しなくてはいけませんが、レールが不要なので戸袋スペースを花壇として、草花を植え込み、柔らかい表情をつけると良いでしょう。
 また、道路際からすぐに階段が始まっている場合でも、その1段目の階段の上に引戸を設置できるものもあるので、いままで扉の設置が困難だったような敷地条件でも設置が可能になります。

道路からすぐ階段がはじまるスペースにも取り付け可能

奥行の取れないスペースに最適な引戸門扉「アーキスライド」

引戸門扉の例

レールが不要なので、扉を引き込むスペースに草花を植え込み、柔らかい表情をつける

さらに、扉を開けた時に畳み込まれた扉の幅が邪魔になりがちですが、柱の根元で扉を90度以上回転させることで入口の幅を最大限に活用できるのもスペースに制約がある敷地には嬉しい機能と言えるでしょう。

リフォーム費用を抑えられる「リフォーム対応型」商品

リフォームで門扉を設置しようとお考えの方から、床をどの程度壊さなくてはいけないか?というご相談をよく受けることがあります。門扉を設置する場合、床に柱を埋め込むのが従来の施工方法だったので、心配される方も多いようです。

確かに、門扉を付けるために床のタイルや石張りまでやりかえるのはもったいない話ですが、どうぞご安心ください。
リフォーム対応型の伸縮門扉であれば、今ある床に小さな穴をいくつか開けるだけで済むので、床の補修に無駄な費用を掛ける必要はありません。いかがでしょうか?我が家に門扉は付かないと諦めていた方も、少し希望が持てたのではないでしょうか。
どんなに狭い玄関先であっても、ちょっとしたプランニングのコツと新しい高機能商品を組み合わせることで、ワンランク上の落ち着いた空間を確保することができることがご理解いただけたと思います。

エクステリアライト美彩(Bisai):ローポールライト

スリムで美しいそのデザインは、
全ての外構デザインに馴染む。

住宅のアプローチは、ローポールライトの光を点在させることでアイポイントをつくり、目線を誘導しながら安全を確保することが大切です。透過型、下配光型、拡散型を用途に合わせてご使用ください。

透過型:夜に煌めく「アイポイント」

美しいガラスの塊

 空中に煌めくガラスの塊は、光だけを点在させて、訪れる人を魅了する素敵な空間をつくることができます。マッシブなガラスは中空のガラスにくらべて強度が高いだけでなく、アクリルなどのプラスチック素材とは異なる本物の質感でエクステリアに馴染みます。

ガラス×ステンレス鏡面、透明性を極めたその佇まい

ステンレスポールは周囲を柱に映り込ませることで、外構のデザインに溶けこみます。夜間はガラストップが浮遊するかの様な、美しく華やかで印象的な外構をつくります。

やわらかな拡散光は門袖や植栽を美しく照らし、訪れる人をやさしく迎え入れます。

様々なライティングと相性抜群の照明器具

小さな点のあかりをつくり出す「透過型」は、エントランスからアプローチ沿いまで、様々なライティングシーンに溶けこみ、外構空間を華やかに演出します。

 福岡で注文住宅を建てられる工務店をお探しでしたら清武建設にお任せください。 建築士が営業コストをカットし、低価格で高品質なホームプランを実現します!

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。

次の記事

天窓のある家