懐古的な平屋建て・福岡市東区工務店・建築士相談の失敗しない家づくり


「懐古的」とは、「昔のことを懐かしく想うこと」ですが、過去に生まれた日本的な暮らし方を懐かしむ気持ちを大切にして演出し、現代的に住みこなす考え方で、弊社建築士による設計の機会をいただきました。情緒ある港町での建て替え工事、解体より建築工事もさせていただき、おかげさまで無事に完成できました。

福岡市平屋建て・那珂川市平屋建て・筑紫野市平屋建て・糸島市平屋建て・福津市平屋建て・宗像市平屋建て・古賀市平屋建て・ 久留米市平屋建て・ 朝倉市平屋建て・ 小郡市平屋建て・


◆続き間のある家づくり例

 和室が連続して2部屋あり、建具で仕切られています。部屋を広く使いたいときは2部屋(リビングを加えれば3部屋)を一体的に使えます。近年は弊社でもLDKを広くし個室を狭くする(家族共有スペースを広くする)傾向の家づくりが多いです。

 しかし、考えてみると、昔ながらの従来の日本的な家づくりは、続き間が一般的で、共有スペースを大切にする思想(昔と今では物理的変化はありますが・・・)は同じでした。当物件(下記写真)は畳敷きの簡素化されたモダンな和室の「続き間」ですが、家族共有スペースを広くするという観点は同じにして、当物件を参考に、フローリング(弊社は無垢床が多いです)を貼った「続き間」の考え方に置き替える事も良いのではないかと思います。


◆玄関タイル部分より室内(廊下)への上り下りを楽にする(一段あたりの高低差を減らす)為に敷台(タイル床と廊下床の中間にある台)を設置。
◆一般的なシューズボックス(下足箱)を設置する場合が多いですが、当物件では、お好みの高さに調整できる可動棚と折れ戸のクロークを設置。
◆福岡市の港町、生死にかかわる航海の安全を祈願することは大切な文化、習慣でした。建て替えの新居でも神棚を作成しました。(下記写真の左上)


 
玄関前のポーチ部分のスペースを確保しにくい場合、引き戸の玄関ドアを選択する考え方もあります。玄関ドア、庇は木調のデザインですが、それぞれアルミ製品の為、木製品と比較すると経年劣化が少ないと思います。しかし、海に近く、塩害を軽減する為には、定期的な水洗いは必要です。
 

◆浴室の窓にルーバーの角度を調整できる「ルーバー面格子」を設置しました。浴室においての「ルーバー面格子」の目隠し機能が採用の理由です。また「ルーバー面格子」を居室の西側などに設置した場合は、日照を調整する機能が重宝になります。


建築士と一緒に家をつくるという事は、規格住宅ではなく、世界で一つだけのオーダーメイドの家を創るという事。

家を買うのではありません。一緒につくるのです。弊社の場合、建築士の仕事は、設計から施工までトータルでお客様と一緒に家をつくるという事。
 
住宅ローン審査より設計相談、工事中の打ち合わせ、丁寧な家づくりをおこないます。
 
また、上記図のように、弊社の家づくりプロセスは、営業スタッフが介入せず、お客様の家づくりに必要な時間と、お客様が負担する営業的な費用の削減が可能となります。
 
 

注文住宅設計施工・完成実績エリア)
福岡市博多区、東区、西区、南区、早良区、城南区、糟屋郡新宮町、久山町、粕屋町、志免町、篠栗町、須恵町、宇美町、朝倉郡筑前町、大刀洗町、朝倉市、小郡市、久留米市、うきは市、筑紫野市、太宰府市、大野城市、春日市、那珂川市、糸島市、古賀市、福津市、宗像市、宮若市、鳥栖市・建築士に相談する失敗しない家づくり
1968年朝倉郡筑前町にて創業。現在は福岡市を拠点に~宗像市、久留米市糸島市、広範囲にてご依頼いただいています。

福岡市平屋建て・那珂川市平屋建て・筑紫野市平屋建て・糸島市平屋建て・福津市平屋建て・宗像市平屋建て・古賀市平屋建て・ 久留米市平屋建て・ 朝倉市平屋建て・ 小郡市平屋建て・

 

 

 

 

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。