健康、省エネ、安全な「壁材」

こちらでは弊社が自信をもってお勧めするMPパウダー(R)について、詳しくご紹介します。

高機能調湿塗り壁材「MPパウダー(R)」

提携先の株式会社ユーディーでは、すべての建物に「健康」「省エネ」「安全」をもたらす高機能調湿塗り壁材「MPパウダー(R)」を開発しました。調湿に欠かせない細孔(さいこう:細かな穴)が、よくある一般的な珪藻土より小さく、さらに一般的な炭よりも大きい「メソポア珪藻土(けいそうど)」を用いた塗り壁材です。

MPパウダーとは

MPパウダーは、調湿度に最適な細孔が特長の「メソポア珪藻土」を用いた高機能調湿塗り壁材です。「調湿」「脱臭」「カビ・ダニ抑制」「不燃」を実現し、快適な暮らしをサポートします。

一般的な壁材との比較

生活の営みの中では、炊事の際の煮炊きやお風呂の使用などによって、短時間のうちに大量の水蒸気が発生します。また、冬は生活蒸気が結露発生の要因となり、夏は外気に含まれる水蒸気が結露発生の要因となります。MPパウダーは、そのような水蒸気をコントロールし、結露発生しずらい良好な環境を保ちます。

 

MPパウダーの場合

住まいの台所・浴室などからは一時的に大量の湿気が発生しますが、壁、天井に施工したMPパウダーが吸湿・ストックします。
空気が乾いていれば放湿し、過乾燥を防ぎます。MPパウダーはもっとも簡単な湿気対策で、設備とランニングコストをかけない、メンテナンスフリーの空調です。

台所や浴室から発生した大量の湿気は、壁・天井に施工したMPパウダー(R)が吸湿・ストック。逆に空気が乾いているときには放湿し、過乾燥を防ぎます。

MPパウダー(R)は、メンテナンスフリー。設備投資・ランニングコストが不要な空調だといえます。

一般的な壁材の場合


一般的な壁、天井材では一時的に大量に発生した湿気を吸湿・ストックし、乾いていれば放湿することはあまり期待できません。

大量の湿気には換気で追いだし、過乾燥になれば加湿器を使う必要があります。

一般的な壁・天井材の場合、大量の湿気を一時的に吸湿・ストックするものの、空気が乾いているときに放湿する効果は期待できません。

湿気は換気によって追い出し、過乾燥には加湿器を使用することが必要です。

メソポア珪藻土の特長

「珪藻土」にもさまざまな種類があり、産地などによっても細孔の大きさが異なります。MPパウダーの主成分であるメソポア珪藻土は、細孔が一般的な珪藻土(マクロポア)よりも小さく、また一般的な炭(ミクロポア)よりも大きいのが特長。細孔サイズ2~50ナノメートルの「メソポア」の珪藻土です。人間が快適だと感じる湿度40~70%を保つために、もっとも優れた調湿機能を誇るメソポア珪藻土。MPパウダーに欠かせない材料です。

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。