福岡の家づくり相談・DNAの記憶からの生活環境

数百万年前、ライオンが獲物を食べ、次にハイエナ、ジャッカル、その次が人間で、道具を使い骨を割り「骨髄」を吸っていたらしい。話が飛躍しますが、そのDNAの記憶も重なり、久留米、博多の文化である、「豚骨ラーメン」をうまいと感じるのか?

生肉をチンパンジーが5時間噛んでいたが、火を使う調理によって1時間で充分になる。不毛の藪を焼き、焼き上がった動物、木の実、イモ類を食べる事を覚える。

一般の動物は身体能力の範囲だが、人間は、火と道具により、制限がなくなった。(地球上の頂点に立った。)

数百年間、野獣を避けて、息を殺して生きてきた人間が、急に生態系の頂点に立ち、元々の人間の食物連鎖の位置に対する不安と恐れから、なおさら残忍で危険な存在になり、戦争を繰り返す。

しかし、その不安と恐れが消えないように作られている人間なので、猛獣から襲われた状況を忘れず、学習し、生存してきたといえる。私達は、不安と恐れがあるのが当然なので、なるべく病院には行かない方がいい。(薬害の観点から)

火が直接見えるガスコンロは危険だという事で、IHクッキングヒーターを希望される方が多くなっているが、薪ストーブ、ペレットストーブ、火を見る生活も、良い影響を与えのではないかと感じています。(弊社で設置しています。)



また、自然界にはない環境なので、何らかの良くない影響があると考え、電気配線の檻(天井裏、壁の中は電気配線でいっぱいです。)の生活から、電化製品を使いながら、電気の影響を減らす技術(弊社にお尋ねください。)を施した家づくりもおこなっています。

 

 

 

(参考文献)
苫米地英人(イヤな気持ちを消す技術)
ユヴァル・ノア・ハラリ氏(サピエンス全史)

福岡市東区箱崎7-2-14注文住宅の(株)清武建設 一級建築士事務所 フリーダイヤル:0120-01-5040 定休:火水GW盆年末年始

投稿者プロフィール

福岡市工務店 清武建設
福岡市工務店 清武建設代表取締役社長
福岡注文住宅・工務店&一級建築士事務所(株)清武建設
 弊社では営業を挟まずに、「建築士が直接お客様と対話」をさせていただきます。
 中間コストや伝達ミスを減らし、低価格なフルオーダーのマイホームをお望みなら、
 ぜひ建築士に直接相談できる弊社にお任せください!
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。